海難審判及び海難事件・船舶事故調査の調査研究

事業紹介

SERVICE

(公財)海難審判・船舶事故調査協会は、主に5つの事業を行っています。

メディア

MEDIA

(公財)海難審判・船舶事故調査協会では、海の安全対策や最近の事故情報など、
皆様のお役に立つ情報を日々発信してまいります。

ニュースリリース

NEWS

2019/06/14
令和元年6月13日、厚生会館(千代田区平河町)において、令和元年度「第1回(定時)評議員会」及び「第2回理事会」を開催しました
定時評議員会において、平成30年度事業報告及び決算報告が承認されました。 また、理事10名の任期満了に伴い、各候補者について審議の結果、新任の理事3名、重任の理事7名が決定されました。 評議員会後の理事会においては、代表理事・業務執行理事の選定、会長、理事長及び専務理事の選任が行われました。
2019/05/17
職員(東京本部)を募集しています。(募集は終了しました)
2019/05/16
令和元年5月15日、令和元年度「第2回海難審判扶助審査委員会」を開催しました
扶助申請のあった海難審判事件について審議のうえ、2人[2件(船舶衝突1、死傷等1)]について扶助することを決定しました。今年度の累計は、7人(6件)となりました。
2019/05/14
令和元年5月13日、令和元年度「第1回(通常)理事会」を開催しました。
平成30年度事業報告案及び決算報告案が承認されました。 令和元年度「第1回(定時)評議員会」の終結をもって退任となる理事の次期候補者を決定するとともに、令和元年度「第1回(定時)評議員会」を、令和元年6月13日(木)に招集することとなりました。 当協会那覇支部長に、山城博美氏(琉球海運株式会社会長)を委嘱することが決定されました。
2019/05/07
令和元年5月1日、情報機関誌「ふねとうみ -その安全を求めて-(2019年5月号)[vol.190]」を発刊しました。
特集として、国土交通省 運輸安全委員会の『ダイジェスト第32号「楽しいレジャーに潜む事故!~バナナボートなどの浮体をえい航中の事故が急増、ジェット噴流による死傷も~」について紹介しています
2019/04/18
平成31年4月17日、平成31年度「第1回海難審判扶助審査委員会」を開催しました
扶助申請のあった海難審判事件について審議のうえ、5人[4件(船舶衝突)]について扶助することを決定しました。今年度の累計は、5人(4件)となりました。
2019/04/01
平成31年3月29日、「船舶事故事例集(平成30年度版)」を発刊しました。
同一船舶事故について、運輸安全委員会報告書、海難審判所裁決書、刑事判決書及び民事判決書の四視点における判断等を取りまとめ整理し、さらに過去の海難統計、類似事例等を加え、再発防止につながるための教訓等をまとめたものです。 平成28年度以降、(公財)日本海事センターによる補助事業として認めていただいており、再発防止のための参考となることを願っています。
2019/03/22
平成31年3月20日、平成30年度「第12回海難審判扶助審査委員会」を開催しました
扶助申請のあった海難審判事件について審議のうえ、4人[3件(船舶衝突)]について扶助することを決定しました。今年度の累計は、43人(39件)となりました。

財団情報

当協会は海難審判での海難関係人の権利を擁護し、海難審判の適切な運用に資するとともに、船舶事故等の調査に関する調査研究を行い、海事の発展に寄与することを目的とします。

  • 海難審判所
  • 運輸安全委員会
  • 船舶事故
  • 日本財団
  • リンク集